フィフス・ウェイブ

ある日突然、圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により4度にわたる攻撃を受け、人類の99%が死滅。ほぼ壊滅状態となった現代の地球で、生き残った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、離ればなれになってしまった弟を救うため、たった一人、子供たちが拉致された基地へと向かう。いつまた来るかわからない襲撃の恐怖と、人間に紛れ込んだ<アザーズ>により、誰が敵なのか味方なのか分からない末期的な状況の中、旅の途中でキャシーはある男性に命を助けられる。キャシーは彼に惹かれながらも、心から信頼できないまま、ともに基地へ向かう。彼女は致命的となる第5の波≪フィフス・ウェイブ≫を止めることができるのか…。

地球外の知的生命体<アザーズ>から攻撃を受け、恐怖に慄き翻弄される孤独なヒロイン、高校生のキャシーを演じるのは、『キャリー』『アクトレス ~女たちの舞台~』のクロエ・グレース・モレッツ。その他、キャシーが憧れを抱く青年ベンを『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン、旅先で知り合う謎の若い男性エヴァンをイギリス人俳優アレックス・ロウ、そして軍の指揮官ヴォーシュを『ソルト』のリーヴ・シュレイバーが演じる。監督は『アリス・クリードの失踪』のJ・ブレイクソン。『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイアがプロデューサーに名を連ねている。