GODZILLA 怪獣惑星

巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオは、4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた…。

これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界を舞台に、二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語を描いたアニメーション映画。キャストに『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の宮野真守、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の櫻井孝宏、『言の葉の庭』の花澤香菜、「銀魂」の杉田智和、「進撃の巨人」の梶裕貴、「黒子のバスケ」の諏訪部順一、「黒執事」の小野大輔、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の三宅健太、「ジョーカー・ゲーム」の堀内賢雄、「ワンピース」の中井和哉、「ワンパンマン」の山路和弘ら豪華声優陣が名を連ねる。監督は、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の静野孔文と『シドニアの騎士 第九惑星戦役』の瀬下寛之。『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS サイコパス』の虚淵玄がストーリー原案・脚本を務める。