彼女が目覚めるその日まで

憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた…。

2007年に「抗NMDA受容体脳炎」と特定された病に世界で217人目の患者となったスザンナ・キャハランの7ヵ月に渡る闘病生活と、彼女を支え最後まで生きる望みをあきらめなかった家族の勇気を描く衝撃の実話。主演は『キックアス』のクロエ・グレース・モレッツ。『キングコング:髑髏島の巨神』のトーマス・マン、『マトリックス』シリーズのキャリー=アン・モス、『ホビット』シリーズのリチャード・アーミテイジ、『ゴーン・ガール』のタイラー・ペリーなど豪華俳優陣が脇を固める。また、女優シャーリーズ・セロンがプロデューサーを務め、実在の主人公スザンナ・キャハランが共同プロデューサーとして全面協力している。