南瓜とマヨネーズ

ツチダは同棲中の恋人・せいいちのミュージシャンになる夢を叶えるために、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは、毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。しかし、ツチダがキャバクラの客・安原と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダは今でも忘れられない昔の恋人・ハギオと偶然再会を果たす。過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

漫画家・魚喃キリコの代表作を実写映画化。主人公:ツチダを演じるのは、『愚行録』の臼田あさ美。同棲中の恋人・せいいちを『淵に立つ』の太賀が演じる。また、昔の恋人・ハギオを『エルネスト』『湯を沸かすほどの熱い愛』のオダギリジョーが演じる。監督は、『パビリオン山椒魚』『乱暴と待機』などで知られる鬼才・冨永昌敬。