伊藤くん A to E

20代半ばで手掛けた大ヒットTVドラマ「東京ドールハウス」で一躍有名になったものの、ある出来事がきっかけで新作を書けずにいる落ち目のアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)。莉桜はドラマプロデューサーの田村(田中 圭)からも勧められ、自身の講演会に参加した【A】~【D】4人の女性たちの切実な恋愛相談を、再起をかけた新作脚本のネタにしようと企んでいた。そんな彼女たちを悩ませ、振り回している男の名前が偶然にもすべて“伊藤”。莉桜は心の中で「こんな男のどこがいいのか?」と毒づきながら、脚本のネタのために「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導する。そして、莉桜は彼女たちの取材を重ねるうちに、【A】~【D】の女たちが語る【痛い男】=“伊藤”が同一人物ではないかと考えはじめる。そんなある日、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒のひとりで、容姿端麗、自意識過剰、口先ばかりでこれまで1度も脚本を書き上げたことのない28歳フリーターの“伊藤誠二郎”(岡田将生)が、4人の女【A】~【D】たちを 題材にしたドラマの企画を持ち込んできたと田村から聞かされる。なんと、これまで4人の女たちを振り回してきた“痛男”の正体は、莉桜が最も見下していた自分の生徒“伊藤”だったのだ。しかも莉桜が再起をかけて取り組んできた渾身のネタを彼に奪われるかもしれない。さらにそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在していた。二重の衝撃の事実にショックを受ける莉桜だったが、実は“伊藤”の中では莉桜が5人目【E】の女になっていた…。

容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤”を軸に【A】から【E】、5人の女の無様な恋愛と成長を1章ずつのエピソードで描いた柚木麻子の傑作小説を実写化したドラマ「伊藤くん A to E」を、『銀魂』の岡田将生と『イニシエーション・ラブ』の木村文乃のW主演で映画化。女たちの人生を翻弄する前代未聞の“痛男”伊藤誠二郎 を岡田将生、最初は“伊藤”に振り回される女たちに毒づきながらも、自身もだんだんと“伊藤”に追い詰められていく崖っぷちの脚本家・矢崎莉桜を木村文乃が演じるほか、誰もが認める美人だが“伊藤”に粗末に扱われ続ける【A】島原智美を『東京喰種 トーキョーグール』の佐々木希、“伊藤”に執拗に言い寄られるも対処できず、将来の夢も停滞中のフリーター【B】野瀬修子を『グッドモーニングショー』の志田未来。親友が一途に思いを寄せる“伊藤”を嫉妬心から寝取ってしまう【C】相田聡子を『一礼して、キス』の池田エライザ、聡子の親友で、処女を理由に“伊藤”にフラれ自暴自棄になる大学院生【D】神保実希を『海街diary』の夏帆ら日本映画界を担う豪華女優陣が演じる。 また、莉桜のかつてのパートナーで、新作のために恋愛相談を持ち掛けるドラマプロデューサー・田村伸也を『図書館戦争』シリーズの田中圭、莉桜の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎を『星ガ丘ワンダーランド』の中村倫也ら個性派俳優陣が脇を固める。 監督は、『ストロボ・エッジ』『ヴァイブレータ』など、さまざまな恋愛をスクリーンに焼き付けてきた名匠・廣木隆一。