全員死刑

家族想いのタカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと。家族総出の資産家一家狩りがはじまった…。

2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件。その死刑囚である次男の獄中手記をベースにした小説「我が一家全員死刑」をモチーフに、『冷たい熱帯魚』の製作陣と本物の不良少年たちを起用した問題作『孤高の遠吠』の小林勇貴監督が映画化した狂悪エンターテインメント。次男・タカノリを演じるのは、『帝一の國』『トリガール!』の間宮祥太朗。『ケンとカズ』の毎熊克哉、『TAP -THE LAST SHOW-』の六平直政、『下妻物語』の入絵加奈子が家族を演じる。また、資産家一家の母をお笑い芸人の鳥居みゆきが演じる。