プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやって来る。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルトは、やがて、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく…。

数々の名曲を生み出した、偉大なる天才音楽家アマデウス・モーツァルトの生誕260年を記念して制作された、アカデミー賞8部門を受賞した『アマデウス』以降となる本格的モーツァルト映画。モーツァルトを演じるのは、『ダンケルク』で若き陸軍兵士を好演したアナイリン・バーナード。悲運の歌姫スザンナを『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラーク、悪名高きサロカ男爵を名優ジェームズ・ピュアフォイなど、多才な顔ぶれが物語を彩る。