祈りの幕が下りる時

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた…。

2010年4月に連続ドラマとしてスタートし“泣けるミステリー”として大きな話題となった東野圭吾原作の「新参者」シリーズ完結編。これまで類稀なる推理力で様々な事件を解決してきた加賀自身における“最大の謎”が明らかとなる。連続ドラマから引き続き、主人公・加賀恭一郎を演じるのは『海よりもまだ深く』『恋妻家宮本』の阿部寛。事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を『藁の楯 わらのたて』の松嶋菜々子が演じる。その他、『珍遊記』の溝端淳平、『幼な子われらに生まれ』の田中麗奈、落語家でドラマ「下町ロケット」などで俳優としても活躍する春風亭昇太、『暗黒女子』の飯豊まりえ、『相棒』シリーズの及川光博、『少年H』の伊藤蘭、『鋼の錬金術師』の小日向文世、『無限の住人』の山崎努ら豪華キャストが脇を固める。監督は、ドラマ「半沢直樹」を手掛けた福澤克雄。