三十路女はロマンチックな夢を見るか?

三十路の誕生日を目前に夢もなく幸せもなく、年をとる女性の悲劇から幕を開ける痛快ロマンス『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』が、2018年3月31日(土)シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開する。

三十路を迎えた女性のセンチメンタルと忘れた夢を取り戻すヒロインを演じるのは、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』やドラマ「ワカコ酒」など幅広い役で活躍する武田梨奈。『新宿スワン』『トモダチゲーム 劇場版』の久保田悠来と、岩井俊二監督作品『Love Letter』で第19回日本アカデミー賞ほか数々の映画祭で新人賞を獲得した後、演技派女優として進化を遂げている酒井美紀が初の銀行強盗に挑戦。さらに、若手女優の佐生雪や近藤芳正や山村美智など豪華キャストが集結している。監督は、『キヲクドロボウ』『東京無国籍少女』などインディーズ作品では国内外問わず高い評価を得ている山岸謙太郎が務める。

主演・武田梨奈 コメント
未来の自分にあてられたメッセージなのか?今の自分にあてられたメッセージなのか?
私はどちらも当てはまりました。
撮影から一年経ちましたが、今でもこの台本を開く瞬間があります。
そんなメッセージが届きますように。

監督・山岸謙太郎 コメント
ちょっと変わった人達のちょっと変わった物語。
一体どんな結末が待っているのかお楽しみ下さい。

STORY
彼氏なし、仕事は単調、あと数日で20代が終わる那奈(武田梨奈)は、親友が寿退社をすることを社内の挨拶で知り、親友としても独身仲間としても二重に裏切られたようなショックを受ける。その日いつも通り帰宅した那奈。一人暮らしの部屋に突如、銀行強盗の逃走犯3人が押し入り拘束される。人生終わりかと思った瞬間に異変に気付く。覆面のまま自分たちの犯行をビデオカメラで撮影している拓人(久保田悠希)と拓人の彼女の麗良(佐生雪)と元彼女の葵(酒井美紀)の3人は全く銀行強盗っぽくなければ、今カノと元カノは気まずい雰囲気。この3人の目的は一体何? そして、三十路を目前にして強盗団との逃亡劇という非日常におとしめられた那奈の運命はどうなるのか!?

映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』は、2018年3月31日(土)シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー。

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

© 2017『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』製作委員会

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

© 2017『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』製作委員会

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

© 2017『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』製作委員会

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

© 2017『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』製作委員会