blank13

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。ギャンブルに溺れ、借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せないと思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で長編初監督を務めた、放送作家・はしもとこうじの実話を基に描いたある家族の物語。主人公・松田コウジを演じるのは『嘘を愛する女』『シン・ゴジラ』の高橋一生。失踪した父・雅人を『探偵はBARにいる3』『美しい星』のリリー・フランキーが演じる。その他、幸治の彼女・西田サオリを『勝手にふるえてろ』の松岡茉優、母・洋子を『光』の神野三鈴、葬儀の参列者の一人・岡宗太郎を『銀魂』佐藤二朗ら個性派俳優陣に加え、『新宿スワン』の村上淳、『獣道』の伊藤沙莉、『僕だけがいない街』の福士誠治、『ベイブルース ~25歳と364日~』の波岡一喜、お笑い芸人の永野、くっきー(野性爆弾)、大水洋介(ラバーガール)、森田哲矢(さらば青春の光)、ものまねタレントのミラクルひかる、漫画家の蛭子能収、杉作J太郎、本作の音楽監督も務めるミュージシャンで俳優の金子ノブアキなどバラエティ豊かな面々が顔を揃える。