悪女/AKUJO

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり…。

藤原竜也主演×入江悠監督で日本でもリメイクされ大ヒットを記録した『22年目の告白 -私が殺人犯です-』のオリジナル作品である『殺人の告白』を手掛けたチョン・ビョンギル監督が、FPS(First Person Shooting)ゲームやVT映像を思わせる一人称視点映像など斬新かつ大迫力の映像で仕上げた、超過激スタイリッシュ・ヒロインアクション。愛する人を殺され、運命に翻弄される最強無敵の女殺し屋・スクヒを演じるのは、『渇き』では女ヴァンパイア、『高地戦』では凄腕スナイパーを演じてきたキム・オクビン。本作の撮影前に長期猛特訓を行い、テコンドーとハプキドーの黒帯を持つ身体能力の高さを遺憾なく発揮し、日本刀から自動小銃、ハンドガンから手斧まで多彩な武器を使いこなす戦闘シーンのほぼ全てをノースタントで熱演している。その他、『JSA』『トンマッコルへようこそ』のシン・ハギュン、ドラマ「上流社会」などに出演し日本にも熱狂的なファンを持つソンジュンなど、豪華キャストが脇を固める。