ミッドナイト・バス

バツイチ中年男の高宮利一(原田泰造)は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞めて帰ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が再び動き出す…。

伊吹有喜の同名小説を映画化した、深夜バスの運転手の男とその家族のそれぞれの再出発を描く感動の物語。主人公・高宮利一を演じるのは、『アウトレイジ 最終章』『ボクの妻と結婚してください。』の原田泰造。利一の優しさに心乱れる元妻・加賀美雪を『花影』の山本未來、ひたむきに利一を想う東京の恋人・古井志穂を『振り子』の小西真奈美が演じる。その他、利一の息子・怜司を『SCOOP!』の七瀬公、利一の娘・彩菜を『サバイバルファミリー』の葵わかな、さらに、『ぼくたちの家族』の長塚京三が軽い認知症を患う美雪の父・山辺敬三を演じる。監督は、東陽一、藤田敏八、大林宣彦、原田眞人、エドワード・ヤンといった錚々たる名匠の作品で助監督を務めてきた竹下昌男。