東京ヴァンパイアホテル 映画版

3月2日(金)~4日(日)に開催する「ええじゃないか とよはし映画祭 2018」のオープニング作品に、映画祭ディレクターの園子温監督の『東京ヴァンパイアホテル 映画版』が決定した。

愛知県や豊橋市にゆかりのある映画関係者が携わる作品や豊橋ロケ作品を中心に上映される「ええじゃないか とよはし映画祭」は昨年3月に初開催され、園子温監督の「新宿スワンⅡ」をオープニング作品とし、堤幸彦監督(愛知県出身)の「真田十勇士」や河合勇人監督(愛知県出身)の「俺物語!!」など全23作品が上映された。また、この映画祭は、すべての作品にゲストが登場してトークショーが行われ、俳優の広瀬アリスや加藤雅也、脚本家の野木亜紀子などが登壇した。
今年は3月2日(金)から4日(日)に開催されることが発表されており、順次上映作品が発表される予定。

「ええじゃないか とよはし映画祭 2018」オフィシャルサイト
 http://etff.jp/

『東京ヴァンパイアホテル 映画版』は、園子温監督が映画作品として企画したものを、アマゾン社からの依頼により制作した、夏帆、満島真之介、冨手麻妙らが出演するドラマシリーズの映画版で、ドラマ版とは全く異なる結末を迎える長編映画。

園子温監督コメント
ドラマ版をさらに凝縮して、全く新しいラストシーンで生まれ変わった、今しか見られない映画です。初めは映画としてアイデアを持っていた作品ですので、こうして豊橋のみなさんにお届けできることを大変嬉しく思います。今後いつ、見られるかわからない映画ですから、ぜひ見て下さい。そして最も重要なのは、豊橋で撮ったアクションシーン!!日本映画ではめったにお目にかかれない派手な銃撃戦が豊橋で撮影されました。必見です。

ええじゃないか とよはし映画祭2018

ええじゃないか とよはし映画祭 2018

東京ヴァンパイアホテル 映画版

『東京ヴァンパイアホテル 映画版』© 2017NIKKATSU

園子温

映画祭ディレクターの園子温監督