ANIMAを撃て!

クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする…。

コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描いた“ガールミーツボーイ”の新たなる青春ダンスムービー。ヒロイン・果穂を演じるのは、新人女優の服部彩加。ドラムを通じて果穂と交流を深める伊藤を『トウキョウソナタ』の小柳友が演じる。さらに、黒澤はるか、藤堂海、中村映里子、大鶴義丹らが脇を固める。監督は、東京藝術大学大学院の修了制作作品『いたくても いたくても』で絶賛され、本作が商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大。