REC/レック4 ワールドエンド

大勢の死者を出した謎のウイルス流出事件の現場であるアパートメントで、唯一の生存者が発見される。ドキュメンタリー番組の取材中に内部に閉じ込められたその女性アンヘラは、臨時検疫施設として改造された貨物船に隔離されるが、医師リカルテの指揮下にある船は、過剰なまでに厳重なセキュリティ網が敷かれ、武装した兵士たちが監視の目を光らせていた。やがてアンヘラはリカルテへの不審を抱く軍人グスマンとともに、船に隠された秘密を探ろうとするが、突如、船内でウイルスが拡散する非常事態が勃発し、凶暴化した感染者たちが荒れ狂うなか、ウイルスの“発生源”との疑いをかけられたアンヘラは絶体絶命の窮地に追い込まれていく…。

2007年、スペイン映画界が放ったパニック・ホラー『REC/レック』シリーズ最終章。