LISTEN リッスン

楽器や音声を介さずに、手話をはじめとした全身の身体表現により、視覚的に「音楽」空間を創り出していく出演者たち。彼らはインタビューで各々に「音楽が視える」と語り、「魂から溢れ出る“気”のようなもの」から「音楽」を感じると答える。手話言語を通じて日常的に熟達した彼らの身体表現は、「音楽とは?」という問いのさらに奥深く、人の内面から滲み出る内なる“何か”へと迫っていく…。

監督から出演者まで、全員が聾者によって制作された「無音」の音楽映画。監督は聾者の両親を持ち、自身も聾者である新鋭監督・牧原依里とアニエスベーが監督を務めた『私の名前は…』に出演するなど、国内外で活躍する舞踏家・雫境(DAKEI)。