或る終焉

終末期患者の看護師であるデヴィッド(ティム・ロス)は、息子ダンの死をきっかけに別れた妻と娘と疎遠となり一人暮らしをしていた。彼には患者の在宅看護とエクササイズに励む以外の生活はなく、患者が望む以上に彼もまた患者との親密な関係を必要としていた。ある日デヴィッドは、末期がんで苦しむマーサ(ロビン・バートレット)に安楽死を幇助して欲しいと頼まれる。患者への深い思いと、デヴィッド自身が抱える暗い過去、その狭間で苦悩する彼は壮絶な決断を下す…。

ある看護師の崇高なる献身愛と葛藤をサスペンスフルに描いたヒューマンドラマ。監督は、『父の秘密』のミシェル・フランコ。主演は、『父の秘密』がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリを受賞した際に審査員長だった『ヘイトフル・エイト』『グローリー/明日への行進』のティム・ロス。