ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく…。

誰もが知っているマクドナルドの、誰も知らない誕生の物語を描く。世界中の企業家たちに今なお絶大な影響を与え続ける世界最大級のファーストフードチェーンを築き上げた男、レイ・クロックを演じるのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン。その他、レイの妻・エセルに『わたしに会うまでの1600キロ』のローラ・ダーン、マクドナルド兄弟に『ロング・トレイル!』のニック・オファーマンと『テッド2』のジョン・キャロル・リンチら実力派俳優たちが脇を固める。監督は、『しあわせの隠れ場所』『ウォルト・ディズニーの約束』のジョン・リー・ハンコック。