ローマ法王になる日まで

コンクラーヴェ(教皇選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオ枢機卿は、運命の日を前に自身の半生を振り返る。化学を学んだ学生時代から、やがて神に一生仕えることを選び、イエズス会に入会し神学を学び始めた。時はビデラ軍事独裁政権下、多くの市民が反勢力の嫌疑で迫害され、仲間や友人も失った。この苦難の時代こそが後にローマ法王となる彼の信仰と勇気をより強いものにしていく…。

バチカン史上最も民衆から愛されている現法王フランシスコの知られざる激動の半生を綴った感動の実話。主演は、『モーターサイクル・ダイアリーズ』のロドリゴ・デ・ラ・セルナ。監督は、『我らの生活』のダニエーレ・ルケッティ。