パトリオット・デイ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミーは、朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リックは、現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言する。テロだとFBIに管轄が移るため、犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわる。やがて、監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する…。

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の犯人特定から逮捕までの驚くべき102時間を『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』のピーター・バーグ監督が描く。主演を務めるのは、本作が監督と3度目のタッグとなる『テッド』『トランスフォーマー/ロストエイジ』のマーク・ウォールバーグ。『COP CAR/コップ・カー』のケヴィン・ベーコン、『アルゴ』のジョン・グッドマン、『セッション』のJ・K・シモンズ、『ピクセル』のミシェル・モナハンらが脇を固める。