ラプチャー 破裂

蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネーは、ある日突然、見知らぬ男達に拉致される。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に“生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験だった。拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始める…。

ハリウッドの異才クリエイターが集結して贈る、誰も想像しえなかった、奇妙で不快でクセになる衝撃作。主人公の女性レネーを演じるのは、『ミレニアム』シリーズのリスベット役でその唯一無二の存在感を世界に示し、リドリー・スコット監督『プロメテウス』などハリウッドでも活躍をするノオミ・ラパス。監督は、『セクレタリー』のスティーヴン・シャインバーグ。