Visages Villages

第70回カンヌ国際映画祭で、名匠アニエス・ヴァルダ(88歳)とアーティストJR(34歳)の共同監督作品『Visages Villages(原題)』が、最優秀ドキュメンタリー賞(ルイユ・ドール:金の眼賞)を受賞した。

本作は、「ヌーヴェル・バーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞を受賞したアニエス・ヴァルダと、参加型アートプロジェクト『Inside Out(インサイド・アウト)』で知られるフランス人アーティストJR(ジェイアール)が、フランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのドキュメンタリー。

映画『Visages Villages(原題)』は2018年公開予定。

Visages Villages

Visages Villages