幼な子われらに生まれ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの信。二度目の妻・奈苗とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接していたつもりだった。しかし、奈苗の妊娠が発覚したのを機に、長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始めた信は、やるせなさを抱えたまま、長女を前の父親に会わせることにする…。

直木賞作家・重松清の同名小説を映画化した不器用な大人たちの愛すべき物語。サラリーマンの夫・田中信を演じるのは、『淵に立つ』の浅野忠信。専業主婦の妻・奈苗を『王妃の館』の田中麗奈が演じる。また、奈苗の元夫・沢田を『バクマン。』の宮藤官九郎、信の元妻を『日本の悲劇』の寺島しのぶが演じる。監督は、『繕い裁つ人』の三島有紀子。