いただきます~みそをつくる子どもたち

ドラマや映画化もされたベストセラー「はなちゃんのみそ汁」のはなちゃんが通った保育園として広く知られるようになった、福岡県にある高取保育園で取り組んでいる“みそづくり”や“和食”給食を取り入れた子育てに迫ったドキュメンタリー映画『いただきます~みそをつくる子どもたち』が2017年10月7日(土)より、渋谷アップリンクを皮切りに全国順次公開される。

2016年に市民有志の寄付金と多くの人の協力によって完成し、これまで西日本を中心に全国60箇所で自主上映を重ねてきた本作。劇場版では、新たに高取保育園への追加取材や、内科医・奥田昌子、映画『みんなの学校』で注目を集めた教育者・木村泰子のインタビュ−が追加されている。また、ナレーションをドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の石田ゆり子、エンディングテーマを坂本美雨が担当し、よりバージョンアップして日本人と和食の深い関係を描いていく。

石田ゆり子 コメント
ドキュメンタリー「いただきます」は、美しい映像のなかに、驚きがいっぱいです。
とにかく、こどもたちが可愛くて可愛くて、胸が、きゅんとなります。
「食べ方で、健康を保つ 食養思想」日本の伝統的な知恵ってほんとうに奥深いんですね。
それから、この映画を見てると、なんだか無性にお味噌汁の香りが懐かしくなります、和食が食べたくなりますよ。

『いただきます~みそをつくる子どもたち』は、2017年10月7日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開

いただきます~みそをつくる子どもたち