草原に黄色い花を見つける

ティエウとトゥオンは、いつも一緒に遊んでいる仲の良い兄弟。思春期を迎える12才の兄・ティエウは、幼なじみの少女・ムーンのことが気になっているが、うまく想いを伝えることができない。そんなある夜、ムーンの家が火事で焼け落ちてしまい、しばらく兄弟の家で暮らすことになる。一緒に過ごす時間にティエウの恋心は募るばかり。しかしトゥオンとばかり遊ぶムーンを見て、嫉妬したティエウは、遂に取り返しのつかないことをしてしまう…。

1980年代後半、ベトナム中南部の貧しい村に生きる、兄弟と幼馴染みの少女との淡い初恋を描いたベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を映画化。若くしてベトナムを代表するヒットメーカーとなった新鋭ヴィクター・ヴー監督が、緑豊かなフーイエン省の自然を背景に、初恋の悩みや嫉妬、別れの痛み、そして少年から大人になる瞬間を詩情あふれる映像で表現している。