彼女がその名を知らない鳥たち

八年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)を忘れられない十和子(蒼井優)は、今は15歳上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らしていた。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島(松坂桃李)と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める…。

沼田まほかるの同名ミステリー小説を『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が映画化。主人公の十和子と陣治を演じるのは、『東京喰種 トーキョーグール』の蒼井優と『殿、利息でござる!』の阿部サダヲ。『ユリゴコロ』の松坂桃李と『シン・ゴジラ』の竹野内豊が十和子をめぐる男たちを演じる。