トモダチゲーム 劇場版FINAL

友達の借金を返済するため「トモダチゲーム」に参加した片切友一(吉沢亮)、沢良宜志法(内田理央)、美笠天智(山田裕貴)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(根本凪)。「コックリさんゲーム」に続き「陰口スゴロク」もクリアした友一たちは、ついに自分たちをトモダチゲームに引きずり込んだ“裏切り者”が美笠であることをつきとめる。しかし、友一はこんな危険なゲームを商売にしている運営サイドをつぶすために自ら最も過酷な最終ゲームに一人でコマを進める。そして美笠もまた友一と同じ道を選ぶ。最終ゲームの「友情かくれんぼ」は対戦形式。チーム内で「隠れる役」と「探す役」に分かれ、相手チームの「隠れる役」を先に見つけたチームの勝ち。負ければ借金は倍になる。対するKチームはリーダーの門倉十蔵を中心に協力し合って勝ち上がってきた男子高校生5人組。おまけに友一と美笠のチームには得体の知れない水瀬マリア(上野優華)が加わることに。「隠れる役」の美笠は「探す役」の友一が食料を届けてくれることを信じて待ち続け、友一は美笠がギブアップしないことを信じてKチームへの罠を仕掛けるが…。

人気コミック「トモダチゲーム」劇場版第二弾。ゲームの鍵を握る主人公・片切友一を演じる『銀魂』の吉沢亮、正義感の強いヒロイン・沢良宜志法を演じるドラマ「逃げるは恥だが役に立つ 」の内田理央らが前作に引き続き出演している。