リングサイド・ストーリー

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ同然の売れない役者・村上ヒデオ(瑛太)。出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていたが、最近は相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャーの百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ。プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊)との一騎討ちを命じられたヒデオは、愛するカナコのためにリングに上がるのか…。

日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした『百円の恋』の武正晴監督が、盟友・足立紳の実話をヒントに生み出したファイト・ラブコメディ。ヒモ同然の男を支えるアラサー女・江ノ島カナコを『猫忍』の佐藤江梨子、売れない俳優のダメ男・村上ヒデオを『ミックス。』の瑛太が演じる。また、『紙の月』の近藤芳正、『映画「深夜食堂」』の余貴美子、『家路』の田中要次、『土竜の唄』の有薗芳記、『そこのみにて光輝く』の高橋和也など日本映画界の名優たちのほか、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演している。