ギミー・デンジャー

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド「ザ・ストゥージズ」。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中心にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない音楽はキワモノ扱いされる。思うように活動できない中、彼らにいち早く注目したのはイギリスで人気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。その後、たった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する…。

後の音楽シーンに多大な影響を与え伝説となった孤高のバンド「ザ・ストゥージズ」の軌跡を綴るドキュメンタリー。バンドのフロントマンだったイギー・ポップを軸に、メンバーと本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発見された貴重な映像や写真でストゥージズの真実に迫る。監督は、「ザ・ストゥージズ」の熱烈なファンで、『デッドマン』『コーヒー&シガレッツ』でイギーを役者として起用したジム・ジャームッシュ。