ジュピターズ・ムーン

医療ミスによる訴訟で病院を追われた医師・シュテルンは、難民キャンプで働きながら違法に難民を逃すことで賠償金を稼ぎ、遺族による訴訟取り下げを目論んでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負って運び込まれた少年・アリアンが重力を操り浮遊する能力を持ち、さらには傷を自力で治癒できることを知ったシュテルンは、金儲けに使えるとキャンプから連れ出すことに成功する。その頃、アリアンを違法銃撃した国境警備隊が口封じのため彼らを追い始めるが、行く先々で起こる失踪やテロ、不可解な事件の現場に少年の痕跡が残されていることに気づく…。

人生に敗れた医師と不思議な力を持つ少年の命をかけた逃亡を、移民問題やテロリズムなどの問題を内包しながら、圧倒的な映像表現で描いたエンターテインメント。監督は、『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』のコーネル・ムンドルッツォ。