15時17分、パリ行き

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスがフランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち上がった…。

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』のクリント・イーストウッド監督が、2015年に実際に起きた554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ襲撃事件を映画化。犯人に立ち向かった3人を当事者本人が演じるほか、乗客として居合わせた人たちが出演し、実際に事件が起こった場所で撮影に挑んでいる。