去年の冬、きみと別れ

新進気鋭のルポライター耶雲恭介。彼女との結婚を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは、不可解な謎が残る盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大だった。その真相に近づくにつれ、いつの間にか彼は、抜けることのできない深みにはまっていく…。

芥川賞作家・中村文則の美しくも切ない傑作サスペンスを映画化。盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介を演じるのは、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の岩田剛典。さらに、耶雲の婚約者・松田百合子を『ピーチガール』の山本美月、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする週刊誌の編集者・小林良樹を『羊の木』の北村一輝、事件の被告である世界的フォトグラファー・木原坂雄大を『blank13』の斎藤工、木原坂雄大の姉で弟を事件からかばう木原坂朱里を『クローズEXPLODE』の浅見れいなら豪華キャストが演じる。監督は、『グラスホッパー』『脳男』の瀧本智行。