フェリーニに恋して

男の子とキスしたことも、働いたことも、本当の友人を持ったこともない20歳のルーシー。彼女の唯一の理解者の母親・クレアは、自分の末期の病さえも隠しながらルーシーを外の悪い世界からずっと大切に守ってきた。何かが母に起きていることに気づいたルーシーは自立することを決心するが、うまくいかずに途方に暮れる。そんな時、目に飛び込んできたのは「フェリーニ映画祭」と題されたきらびやかで怪しい劇場だった。吸い込まれるように入っていったその場所でフェリーニの魅惑の世界にまたたく間に心を奪われたルーシーはいてもたってもいられず、フェリーニを探すためイタリア各地を巡る旅へ出る。そこで待ち受けるのは、フェリーニ作品の世界に迷い込んだようなファンタジーや悪夢、胸高鳴るラブストーリー。真実と虚構が幻想的に絡み合いながら、ルーシーの“フェリーニを探す旅”は最終地点へと向かっていく…。

『道』『甘い生活』『8 1/2』などで知られるイタリア映画の巨匠、フェデリコ・フェリーニ監督の魅惑の世界にのめり込み、フェリーニを探すためイタリア各地を巡る旅の中で、一歩踏み出す勇気を手に入れた女性の物語。主人公・ルーシーを演じるのは、『ブラックスワン』のクセニア・ソロ。