ボス・ベイビー

パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、知能は大人だったのだ。最初は反発しあっていたティムとボス・ベイビーだったが、やがて世界を揺るがす巨大な陰謀に挑むことになる…。

『怪盗グルー』シリーズのユニバーサル・スタジオと『シュレック』のドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだアニメーション映画。ボス・ベイビーの声を務めるのは『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ボンジュール、アン』のアレック・ボールドウィン。日本語吹き替え版は『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』のムロツヨシが務める。監督は、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス。