ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープした。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハムと部下の編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する…。

『ブリッジ・オブ・スパイ』『戦火の馬』のスティーヴン・スピルバーグ監督が、政府の圧力に屈せず、報道の自由を守り抜いたワシントン・ポスト紙の記者たちの姿を描いた実話に基づく物語。キャサリン・グラハムとベン・ブラッドリーを、本作が初共演となる『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のメリル・ストリープと『フォレスト・ガンプ/一期一会』のトム・ハンクスの2大オスカー俳優が演じる。