ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~

17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病のため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌を歌うこと。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく…。

2006年にYUI主演で大ヒットとなった『タイヨウのうた』をハリウッドリメイクした感涙ラブストーリー。主人公ケイティを演じるのは、ディズニー・チャンネルのドラマシリーズ「シェキラ!」で、その歌唱力と演技力が評価されたベラ・ソーン。ケイティの歌声に惹かれやがて恋に落ちていくチャーリーを、本作がメジャー映画出初出演となるアーノルド・シュワルツェネッガーの息子、パトリック・シュワルツェネッガーが演じる。