ママレード・ボーイ

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言い出し、さらに、松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに。遊からの不意打ちのキス、一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。両思いになった遊とひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも遊はなぜか突然、光希に別れを切り出す…。

シリーズ累計1000万部突破の吉住渉の大ヒットコミックを実写映画化。光希を演じるのは、『ラストコップ THE MOVIE』の桜井日奈子。遊を『銀魂』『リバーズ・エッジ』の吉沢亮が演じる。さらに、お互いのパートナーを交換して再婚する光希と遊の両親を、『東京日和』の中山美穂、『ひまわりと子犬の7日間』の檀れい、『ハンサム☆スーツ』の谷原章介、『魔女の宅急便』の筒井道隆が演じる。監督は、『オオカミ少女と黒王子』『ストロボエッジ』の廣木隆一。