アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガン(ケイトリン・カーヴァー)を襲撃したことで、彼女のスケート人生は一変する…。

一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。貧困と暴力が日常を支配していた天才スケーター、トーニャ・ハーディングを演じるのは、本作のプロデューサーも務める『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビー。『Re:LIFE~リライフ~』のアリソン・ジャネイ、『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタンらが脇を固める。監督は、『ラースと、その彼女』のクレイグ・ギレスピー。