兄友

イケメンなのに女性に超ウブな西野壮太(横浜流星)と恋愛に興味なしのJK七瀬まい(松風理咲)が繰り広げる、もどかしいけどハートフルなラブ・ストーリー『兄友』。今回、待望の実写化作品に『腐女子彼女』以来9年ぶりの実写映画出演となる福山潤が演じる、唯一原作には登場しないオリジナルキャラクター・橘萩之介の出演シーン場面写真が解禁となった。

アニメ「暗殺教室」の殺せんせーをはじめ、数多くの人気アニメで声優を務め、ナレーターや音楽の分野でも活躍する福山潤が演じる橘萩之介は、西野壮太の妹・秋がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長で、恋愛にウブな壮太に、恋愛講座を繰り広げてくれるユニークなキャラクターとなっている。

福山潤 コメント
この度『兄友』に橘萩之介役で出演させていただきました声優の福山潤です。
まさか、実写映画に役付きで出ることになるとは思ってもいませんでした。
以前に出演した時は自分役でしたし(笑)。素晴らしい皆さんに支えられて、撮影も楽しくやらせていただきました。あとは観て頂くだけです!! 
うわードキドキする(笑)。

中島良監督 コメント
もともと僕はアニメが好きで福山さんに出演いただき光栄でした。
現場では、彼は最初から完璧でした!!橘萩之介は、とても個性的な役柄なんですが、これしかありえないというお芝居で現場のキャスト・スタッフを異世界へと連れていってくれました。超必見です!!!犬と福山さんのコラボが奇跡的な映像となっているところがありますが、僕は大好きです。

STORY
イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん・・・可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。そして壮太は妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長橘萩之介(福山潤)から恋愛講座を受けながら、まいとのぎこちない恋愛をスタートするのだが、、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい、まさかの三角関係勃発?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は…。

映画『兄友』は、初夏、全国順次公開

【ドラマ】
MBS:3月25日スタート 毎週日曜 深夜0:50~
TBS:3月27日スタート 毎週火曜 深夜1:28~

兄友

© 『兄友』製作委員会

兄友

© 『兄友』製作委員会

兄友

© 『兄友』製作委員会