ファントム・スレッド

1950年代のロンドン。唯一無二のデザインと職人技術で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する仕立て屋のレイノルズは、ウェイトレスのアルマと惹かれ合い、彼女を新たなミューズに迎える。レイノルズにとってミューズは創作に不可欠なインスピレーションと一時の癒しをもたらす存在、それ以上でもそれ以下でもないはずだった。しかし若く情熱的なアルマは、恐るべき愛の力でレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく…。

主人公のレイノルズ・ウッドコックを演じるのは、『マイ・レフトフット』(89)『ゼア・ウィ ル・ビー・ブラッド』(07)『リンカーン』(12)で三度のアカデミー賞主演男優賞に輝き、俳優業からの引退を発表している名優ダニエル・デイ=ルイス。アルマをルクセンブルク出身でヨーロッパ映画を中心に活躍するヴィッキー・クリープスが演じる。さらに、レイノルズの生活を公私ともに管理する厳格な姉・シリルを『人生は、時々晴れ』『家族の庭』などのマイク・リー監督作で高い評価を受けたレスリー・マンヴィルが演じる。監督は、『マグノリア』(99)『パンチドランク・ラブ』(02)『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)で世界三大映画祭の監督賞を制覇したポール・トーマス・アンダーソン。