のみとり侍

越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は、藩主・牧野備前守忠精(松重豊)主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。「猫ののみとりって何ら?」途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫の蚤を取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。住む場所もなくなった寛之進であったが、貧しくも子供たちに読み書きを無償で教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋で暮らす人々の助けを借り、“のみとり”としての新生活が始まっていく。ほどなくして、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たした寛之進。幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴るが、“のみとり”開始数分後、「この、下手くそ!」と罵られ失意のどん底へ。落ち込む彼の前に妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・清兵衛(豊川悦司)が現れる。寛之進は、欲求に忠実な清兵衛に「拙者に女の喜ばせ方を教えてはくれぬか!」と頼み込む。その甲斐あってか、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、“のみとり”侍として一人前となっていくが、老中・田沼意次(桂文枝)の失脚により急遽“のみとり”禁止令が敷かれ、寛之進はじめ“のみとり”たちは、一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう…。

生真面目すぎるその性格が災いし、上司の逆鱗に触れ、“蚤とり業”に左遷されてしまったエリート藩士・小林寛之進を演じるのは、『テルマエ・ロマエ』シリーズの阿部寛。寛之進の亡き妻と妻に瓜二つのおみねの一人二役に挑む『幼な子われらに生まれ』の寺島しのぶ、寛之進の窮地を救う江戸No.1の伊達男・清兵衛を演じる『3月のライオン』の豊川悦司のほか、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった個性豊かな豪華俳優陣が集結している。監督は、本作の映画化を約40年間熱望していた『後妻業の女』の鶴橋康夫。