ゲティ家の身代金

1073年、<世界一の大富豪>にギネス認定されたジャン・ポール・ゲティの孫ポールがローマで誘拐され、身代金50億円が要求される。しかし、稀代の守銭奴でもあったゲティは支払いを断固拒否。離婚によりゲティ家を離れていたポールの母ゲイルに支払いは不可能。一向に支払われる様子のない事に犯人グループは痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。それでも支払わないゲティ、狂言誘拐を疑い始める警察、加熱するマスコミ報道。全世界大注目の中、非情な誘拐犯と冷酷な大富豪を相手に、ゲイルは戦いを挑む…。

1973年に世界を震撼させたゲティ三世誘拐事件を巨匠リドリー・スコットが映画化した、華麗で異常な傑作サスペンス。誘拐されたポールの母ゲイルを演じるのは、『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズ。『手紙は憶えている』のクリストファー・プラマーが、全米公開直前に起きたケヴィン・スペイシー降板劇から短期間の再撮影でジャン・ポール・ゲティを演じた。