世界でいちばん長い写真

高校写真部の内藤宏伸(高杉真宙)は引っ込み思案がたたり、部長の三好奈々恵(松本穂香)に怒られてばかり。人物写真をテーマにした写真品評会も人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛でしかなかった。しかし、高校最後の夏休みのある日、宏伸は従姉の温子(武田梨奈)が店長をしているリサイクルショップで今まで見たことがない大きなカメラと出会う。カメラの使い方がわからない宏伸は温子の勧めで近所の写真館の店主・宮下(吉沢悠)を訪ね、このカメラが360度長い写真が撮れるよう改造された世にも珍しいパノラマカメラだということを知る。宮下に使い方を教えてもらい、 宏伸はパノラマカメラで最初の360度撮影する。現像した写真を見て、いままでにない感動を感じた宏伸は次の日から360度撮影したい景色を探して街を自転車で駆け巡る。そうしてようやく辿り着いたのは温子の旧友、智也(水野 勝)が育てるひまわり畑だった…。

「武士道シックスティーン」「ストロベリーナイト」など幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也が、愛知県の学校で実際にあった出来事を基に書いた同名小説を映画化した青春群像劇。カメラを手にし、少しずつ色づく日々に魅せられていく、主人公の高校生・宏伸を演じるのは、『散歩する侵略者』『トリガール!』の高杉真宙。宏伸の従姉で快活な温子を『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』の武田梨奈が演じる。また、宏伸が所属する写真部の部長・奈々恵を、映画『恋は雨上がりのように』、ドラマ「この世界の片隅に」、auのCM「意識高すぎ!高杉くん」など、今後の活躍が期待される次世代女優の松本穂香が演じる。その他、「BOYS AND MEN」の水野勝、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠、『岸辺の旅』の小松政夫など、若手からベテラン演技派まで、幅広い俳優陣が脇を固める。監督は、『にがくてあまい』で注目を浴びた新進気鋭の草野翔吾。