友罪

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何もなかったふたりだが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな中、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こる。SNSで17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘され、すでに出所していた当時14歳だった犯人・少年Aの犯行が疑われる。そして、益田はネットに拡散していた少年Aの写真を見て愕然とする。なぜなら、そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていたからだった。驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。それは、17年前に自ら犯した“ある罪”と向き合うことでもあった…。

ミステリー作家・薬丸岳の同名小説を、『64-ロクヨン- 前編/後編』『ヘヴンズ ストーリー』の瀬々敬久監督が映画化したヒューマンサスペンス。W主演を務めるのは、『彼らが本気で編むときは、』の生田斗真と『光』の瑛太。その他、『海街diary』の夏帆、『超高速!参勤交代 リターンズ』の富田靖子、『去年の冬、きみと別れ』の山本美月、『64-ロクヨン- 前編/後編』の佐藤浩市らが脇を固める。