万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)の夫婦、息子の祥太(城桧吏)、そして、信代の妹の亜紀(松岡茉優)の4人が転がり込む。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝(樹木希林)の年金。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。冬のある日、治は近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆり(佐々木みゆ)を見かねて家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく…。

『三度目の殺人』の是枝裕和監督の最新作にして、第71回カンヌ国際映画祭にてパルムドール(最高賞)を受賞した衝撃の感動作。『そして父になる』『海街diary』のリリー・フランキーが父親を演じるほか、『追憶』の安藤サクラ、『勝手にふるえてろ』の松岡茉優、オーディションで選ばれた城桧吏と佐々木みゆ、そして、『歩いても 歩いても』以降、多くの是枝作品に出演している樹木希林が犯罪でしか繋がれなかった家族を演じる。その他、『デスノート Light up the NEW world』の池松壮亮、『64-ロクヨン- 前編/後編』の緒形直人、『八日目の蝉』の森口瑤子、『あゝ、荒野』の山田裕貴、『めがみさま』の片山萌美、『月と雷』の高良健吾、『海月姫』の池脇千鶴、『悪と仮面のルール』の柄本明ら実力派俳優陣が脇を固める。