夜の浜辺でひとり

不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきたヨンヒは、訪ねてくると言ったまま姿を見せない恋人を待ちながら、自分の真意が分からずにいた。月日は流れ、韓国へ戻り、旧友たちと再会したことで女優復帰を考え始めたヨンヒは、ひとり江陵の浜辺を訪れ、意外な方法で自分の心に向き合うことになるのだが…。

主人公・ヨンヒを演じるのは、本作で韓国人女優としては初となる、第67回ベルリン国際映画祭 主演女優賞(銀熊賞)に輝いたキム・ミニ。監督は、『自由が丘で』『3人のアンヌ』のホン・サンス。