『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』ジャパンプレミア

韓国で累計再生回数11億ビューを記録した大人気ウェブ漫画が原作の『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』(7/14公開)を記念したジャパンプレミアが本日都内で開催され、主演のパク・ヘジンが登壇、舞台挨拶が行われた。

主演を演じるパク・ヘジンは、ドラマ版の放映当時から原作ファンの間でユ・ジョン先輩そのものと呼ばれ、“ユ・ジョン先輩シンドローム”を巻き起こし、テレビドラマ版で視聴者を悶絶&胸キュンさせたソフトで甘い笑顔とクールなカリスマ性をスクリーンで再び披露している。

パク・ヘジンがサプライズで会場中央から登場すると、会場を埋め尽くしていた観客からは「キャー!」という悲鳴のような歓声が沸き上がり、一気に場内は最高潮の盛り上がりに。スポットライトを浴びながら客席中央を通り抜け、時おり近くに座っていたファンと握手を交わしながら舞台に到着したパク・ヘジンは「お久しぶりです。パク・ヘジンです」とあいさつし、ファンを喜ばせた。

ユ・ジョンというキャラクターについて聞かれたパク・へジンは、「人は誰でも2面性を持っているものだと思います。ユ・ジョンは自分の気持ちを好きな人に対して素直に表現できるキャラクターだったけれど、僕はユ・ジョンのように興味を持った人に正直に気持ちを表現するのがちょっと苦手です」と打ち明けた。

また、事前にファンから募集した「好きなセリフは?」という質問には、「“ソラ、付き合ってくれる?”というセリフが映画の中で何度も出てきて、ちょっと照れくさいのもあってNGを出してしまった。何度もテイクを重ねて、何度も取り直したシーンなので記憶に残っています」とエピソードを披露。反対にパク・ヘジンは「日本でもちゃんと付き合ってくれ、と言ってから付き合い始めるんですか?」とファンに質問。ファンやMCから「日本でも付き合ってくれといってから付き合うのが一般的」と伝えると、日本語でファンに「付き合ってください」と告白し、会場にいたファンからは歓喜の悲鳴があがった。また、「好きな人ができたらユ・ジョン先輩のように好きと伝えますか?」という質問には「僕はユ・ジョンとは全然違って、好意を持った人がいたら周囲をうろつきます。そして、自分が好意を持っていることが(相手に)伝わるようにします。愛する人には勇気が持てないです」と自分とユ・ジョンのキャラクターを比較してみせた。

最後に「僕にとって、『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』という作品、またユ・ジョン先輩という人物は、自分自身と切っても切り離せない存在となりました。俳優パク・ヘジンの固有名詞といっても過言ではないと思います。ドラマでも映画でもその姿を見せることができて、これ以上悔いはありません。このように映画も完成し、韓国語ではユ・ジョンという発音は“有終の美”の有終という発音と同じなのですが、ユ・ジョンを演じて有終の美を飾れたと思います。これからいろいろな役を演じて、また皆さんに会えたら嬉しいです」と笑顔を見せた。

フォトセッションでは、パク・へジンからのサプライズで会場のファンの方もパク・へジンの撮影が許可され、さらにパク・へジンの貴重なサインボール客席に向けて投げてプレゼント。また、退場時には直接、客席のファンにクリアファイルを手渡しでプレゼントしながら会場を後にし、ファンサービスたっぷりの舞台挨拶が終了した。

STORY
“ソル、僕と付き合う?” 完璧だけどキケンな先輩の甘い罠にかかってしまった!
優しい笑顔の裏に隠された冷淡な一面。私の苦手なユ・ジョン先輩が、突然私に話しかけてきた。食事をしたり、課題をしたり、宿題を口実に映画まで観に行くことになったり…。彼が変わったのだろうか。それとも何か企んでいるのか…。そうでなければ、まさか本当に私を…。

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は7月14日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』ジャパンプレミア