追想

1962年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんな中、若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意する。結婚式を無事に終えた2人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。しかし、ホテルで2人きりになると、初夜を迎える緊張と興奮から雰囲気は気まずくなるばかり。ついに口論となり、フローレンスはホテルを飛び出してしまう。家庭環境や生い立ちがまるで違う2人であっても深く愛し合っていたが、愛しているからこそ生じてしまった“ボタンの掛け違い”。それは、今後の2人の人生を大きく左右する分かれ道となってしまう。フローレンスとエドワードにとって、生涯忘れることのできない初夜。その一部始終が明かされる…。

イギリス人作家、イアン・マキューアンの「初夜」を映画化。美貌と才能に恵まれたバイオリニスト・フローレンスを演じるのは、『つぐない』以来のイアン・マキューアン作品への参加となるシアーシャ・ローナン。夫となる歴史学者を目指す青年・エドワードを『ダンケルク』のビリー・ハウルが演じる。監督は、舞台演出家や脚本家として活躍し、本作が初の長編映画となるドミニク・クック。