SUNNY 強い気持ち・強い愛

日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。裕子、心、梅、そして奈々。かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか…。

映画『サニー 永遠の仲間たち』に心掴まれたファンのひとりでもある『モテキ』の大根仁が、物語の舞台を日本に移し、90年代に流行した音楽やファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担った、最強の笑って泣ける青春音楽映画。大人になった「サニー」のメンバーを演じるのは、『アンフェア the end』の篠原涼子、『アウトレイジ』の板谷由夏、『PとJK』のともさかりえ、『空飛ぶタイヤ』の小池栄子、『綱引いちゃった!』の渡辺直美。女子高校生時代の彼女らを、『三度目の殺人』の広瀬すず、『恋は雨上がりのように』の山本舞香、『恋と嘘』の田辺桃子、『斉木楠雄のΨ難』の野田美桜、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の富田望生、『一礼して、キス』の池田エライザが演じる。また、広瀬すず演じる女子高生・奈美の初恋の相手を『永遠の0』の三浦春馬、専業主婦となった奈美の依頼で「サニー」のメンバーを探す探偵を『万引き家族』のリリー・フランキーが演じる。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』など数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気。音楽は、“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。自身最後の映画音楽となる劇伴24曲を完全オリジナルで制作し、音で映画の世界を彩る。