検察側の罪人

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった松倉に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」互いの正義を賭けて対立する2人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは…。

「犯人に告ぐ」の雫井脩介の同名小説を映画化したサスペンス・エンタテイメント。ある殺人事件を巡り対立する2人の検事、エリート検事・最上と若き検事・沖野を、本作が初競演となる『無限の住人』の木村拓哉と『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の二宮和也が演じる。また、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に『ユリゴコロ』の吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に『アウトレイジ 最終章』の松重豊、最上の親友である国会議員・丹野に『関ヶ原』の平岳大、殺人事件の容疑者の一人・弓岡に『DESTINY 鎌倉ものがたり』の大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に『こいのわ 婚活クルージング』の八嶋智人、さらに、『孤狼の血』の矢島健一、『サニー/32』の音尾琢真、『RETURN(ハードバージョン)』のキムラ緑子、『不能犯』の芦名星、『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の山崎紘菜、そして、人権派大物弁護士・白川雄馬に『祈りの幕が下りる時』の山崎努など豪華キャストが脇を固める。監督は、『関ヶ原』『日本のいちばん長い日』の原田眞人。